これまでの記事

第19話 プラスチックの話(7)[分子の並び方と共重合]

ポリマーの姿で『①分子量とその分布』については第16話、『②立体構造』については第18話でお話しましたが、今回は『③分子の並び方と共重合』について簡単にお話したいと思います。

モノマー(例えば、エチレンやプロピレン)が重合されることによりポリマー(例えばポリエチレンやポリプロピレン)になり、それは各々のモノマーが手をつないだ格好になることを第11話でお話しました。

では、このモノマーは単純に直列に手を繋いだだけの格好しかないのでしょうか・・

いやいや、実は様々な手の繋ぎ方がありますし、あるいは、1つのモノマーだけではなく、複数のモノマーがお互いに手を繋げた格好のものもあります。
ちなみに、一つのモノマーだけで手を繋いだ格好のポリマーを『ホモポリマー』、複数のモノマーがお互いに手を繋げた格好のポリマーを『コポリマー』と呼びます。

これらの手の繋ぎ方や、モノマーが一つか複数かによって、いろいろなパターンがありますので、まとめて表にしてみますね。

単にポリマーと言っても、たくさんの並び方がありますね。

並び方の違いによって、プラスチック(ポリマー)の性質が随分異なってきますので、それは又、別のコラムでお話します。

関連記事

コメントは利用できません。

翻訳に使ってください